Study In Japan 日本留学信息中心 | 留学を思い立ったら
  • TOP
  • >留学を思い立ったら

留学を思い立ったら

日本への留学を思い立ったきっかけは何でしょうか。日本への憧れですか?
日本語を生かした仕事がしたいから? 目的別に、日本への留学の流れを整理します。

目的を明確にする

1.日本語を勉強するため

日本語学校、私立大学留学生別科

 大学等への進学を目指すコースが設けられ、期間は短期のものから2年程度となっています。日本での進学を目的とせず、日本語を習得した後、帰国する人もいます。

2.日本で専門分野を学ぶため

大学・短期大学、大学院、専門学校

 最近は、日本の高等教育機関へ直接入学する人も増えています。そのためには、必要とされる日本語力を母国で身につける必要があります。必要とされる日本語能力は学校によって異なりますが、おおむね日本語能力試験N1の合格が目安とされます。一方で、英語で学位が取得できるコースを設置する大学も増えてきました。英語力に自信がある人なら、英語で専門分野を勉強しながら日本語も習得することが可能です。

短期留学

 正規生としての長期留学でなく、数ヵ月から1年程度の短期留学を考えている人もいるでしょう。短期留学の場合、日本語学校や大学の短期プログラムに参加します。また、大学の交換留学制度を活用する方法もあります。交換留学については提携校があるので、詳細は在籍する学校に確認してください。

費用

 私費留学であれば、学校や学ぶ分野にもよりますが、おおむね年間100万円前後の学費に加え、同額以上の生活費がかかると考えてください。資金計画をしっかり立てることが、留学生活を成功させるカギです。

留学後の人生設計も

留学した後、どのような人生を送るのかを考えておくことも大切です。多くの留学生は、将来、日本語を使った仕事をすることを考えています。そのためには、ビジネスレベルの高度な日本語を駆使する力をつけなければなりません。