• TOP
  • >教育機関の形態

教育機関の形態

留学の目的と日本語能力によって、選ぶ教育機関が異なることは先述したとおりです。
ここでは、それぞれの特徴について、さらに詳しく紹介します。

日本語学校・私立大学留学生別科

日本語を勉強するのが日本語学校・私立大学留学生別科です。日本の高等教育機関への進学を目的とするコースが多く、会話力コース、ビジネス日本語コースなどを各学校で用意しています。期間は、2週間~3ヵ月といった短期のものから、進学コースは通常1~2年です。入学時期は4月または10月が一般的で、7月、1月開始のコースを持つ学校もあります。
私立大学留学生別科は、大学のキャンパス内にあることが多いため、充実したキャンパスライフを送ることが可能です。大学への推薦入学制度を採用している場合もあります。

選考

書類審査、面接(本人、保証人など)がほとんどですが、学校により異なる場合があるので、詳細は学校に確認してください。

専門学校

仕事にすぐに役立つ専門能力・技術を身につけるのが「専門学校」です。修業期間は通常2年ですが、取得する資格や身につけるスキルによって3~4年のコースもあります。アニメ、ゲーム、映画、音楽、自動車、通訳などあらゆる分野で、専門学校を卒業した留学生OB、OGが活躍しています。

専門学校の入学条件

http://www.studyjapan.go.jp/jp/toj/toj0202j.htmlに掲載

選考

書類審査、学科試験、面接、小論文・作文、適性試験、実技試験、日本語試験などの中から、各校によって選考項目と基準が設けられています。

卒業・修了

専門士 高度専門士
修業年限 2年以上 4年以上
授業時間 1700時間以上 3400時間以上
修了認定 試験等により成績を評価し
課程修了の認定を行う
課程編成 ----------- 体系的に教育課程が編成されていること

大学・短期大学

日本には、700校以上の国公私立大学と400校もの短期大学があります。大学の正規の修業期間は通常4年で、一部医学系の学部では6年になります。短期大学は通常2年ですが、同じく医療系では3年の場合もあります。正規生以外にも聴講生、科目等履修生、短期留学の制度もあります。

大学・短期大学の入学条件

次のいずれかを満たし、18歳に達している必要があります。

①外国において、学校教育における12年の課程を修了した者
②外国における、12年の課程修了相当の学力認定試験に合格した者
③日本において、外国の高等学校相当として指定した外国人学校を修了した者
④国際バカロレア資格、アビトゥア、バカロレア等、外国の大学入学資格の保有者
⑤国際的な評価団体(WASC、CIS、ACSI)の認定を受けた外国人学校の12年の課程を修了した者
⑥大学において、個別の入学資格審査により認めた者

※①~③について、12年未満の課程の場合は、さらに指定された準備教育課程または研修施設の課程等を修了する必要があります。

選考

書類審査、学科試験、面接、小論文・作文、その他の能力・適性等に関する試験、日本留学試験(21ページ)、日本語能力試験(20ページ)、大学入試センター試験などの中から、各校によって選考項目と基準が設けられています。

大学入試センター試験

国公立大学や一部の私立大学が実施している入学試験で、実施大学の日本人志願者には受験が義務付けられています。留学生に対しては免除されていますが、一部の大学の学部(医学部など)では受験しなければならない場合があります。

卒業・修了

以下の要件を満たして大学を卒業すると「学士」の学位が取得できます。

在籍年数 取得単位数
一般の学部 4年 124単位以上
医学部・歯学部
獣医学部
薬学部
6年 医学・歯学188単位以上
獣医学182単位以上
薬学(一部)186単位以上

大学院

大学を卒業した人等が、専門分野を研究するのが大学院です。

大学院の入学条件

入学する課程により違いますが、入学するための条件として、主に以下のようなものが規定されており、これらの条件のいずれかを満たす必要があります。

修士課程

①大学(4年制)を卒業した者
②大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者
③外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
④日本において、外国の大学の課程を有するとして指定された教育施設の16年の課程を修了した者
⑤指定された専修学校の専門課程を修了した者
⑥大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、22歳に達した者

博士課程

①修士の学位や専門職学位を有する者
②外国において、修士の学位や専門職学位に相当する学位を授与された者
③日本において、外国の大学院の課程を有するとして指定された課程を修了し、修士の学位や専門職学位に相当する学位を授与された者
④大学(外国の大学を含む)等を卒業し、大学、研究所等において2年以上研究に従事した者で、大学院において、修士の学位を有する者と同等の学力があると認めた者
⑤大学院において、個別の入学資格審査により、修士の学位または専門職学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達した者

博士課程(医学、歯学、薬学、獣医学)

①大学の医学、歯学、薬学または獣医学の学部課程(6年)を修了した者
②外国において、学校教育における18年の課程を修了した者③日本において、外国の大学の課程を有するとして指定された教育施設の18年の課程を修了した者
④大学院において、個別の入学審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達した者

選考

類選考、学科試験、面接、小論文・作文、専門科目に関する口頭試問などの中から、各校によって選考項目と基準が設けられています。

卒業・修了

在籍年数 取得単位
修士課程 2年以上 30単位以上
専門職学位課程 1~3年以上 30単位以上
博士課程 5年以上
(修士の2年間含む)
30単位以上
(修士の取得単位を含む)