• TOP
  • >履歴書の書き方

履歴書の書き方

履歴書は、必ず企業に提出する正式な応募書類です。また、留学中にアルバイトをするときに必要な場合もあるので、正しい履歴書の書き方を知っておくことが大切です。

用紙は学校指定のものを使ってもよい。記入は、鉛筆やシャーペンでなく黒のボールペンか万年筆を使う
自宅に電話がない場合は空欄
メールアドレスは数字とアルファベットの違いを明確にし、きれいに書く
母国の学歴にだけ、最初に母国名を書く。大学入学後は、日本と書く必要はない
西暦でも元号でもどちらでもOK。履歴書内ではすべてどちらかに統一すること
印鑑は曲がったり欠けたりしないように
提出日の日付にする
写真はスーツ着用&髪を整えたもので!写真屋で撮影したものを使う
住所は1-2-3 のように省略しない
この連絡先には、母国の住所は書かない
中学や高校は卒業の記載だけでOK。学校は、大学や大学院は必ず入学&卒業(見込)の両方を記入する
大学院の場合は、「卒業」ではなく「修了」と書く
履歴書の最終行に右詰めで「以上」を書くこと
母国での職歴がある場合は書く。アルバイトは職歴ではないので書かないこと

「自己紹介書」欄は、以下の書き方は全てダメ!
×空白ばかり
×小さすぎる文字でびっしり
×欄をはみ出す
×雑で読めない字で書く
研究内容は分かりやすく!
趣味や特技欄は、空白が多めでも構わないが、事柄だけ単語で書かず、( ) で簡単な説明をつけて、人柄が感じられるような紹介の仕方を心掛けよう
免許・資格は正式名称で書こう!資格や点数は、低いものは書かないほうがよい
(例:4 級・TOEIC500点など)